エンジニアの研修のメリットはたくさんあります

エンジニアの研修の大きなメリットは、新しいスキルを身に付けられることです。ひとつの職場で同じ仕事を繰り返していたら、新しいスキルを学ぶ時間が少なくなります。同じ仕事を繰り返すことは、仕方のない面もあるのですが、そればかりでは技師としての成長を望めません。新しいスキルを得ることで、自分の仕事を新鮮な気持ちでできるようになります。もう一つのメリットは、他の技師と出会って刺激を受けることです。自分よりもスキルが上の人もいるでしょう。自分のスキルに自信を持っている人だったら、ショックを受けるかもしれません。しかし、その出会いを発奮材料にして、勉強をしていけば自分の能力を伸ばすことができます。自分よりスキルが下の人に出会ったら、その人に自分のスキルを教えることで、自分の能力を磨くことができます。

日進月歩している業界の流れに遅れないスキルを身につける

工業製品の世界は日進月歩しています。今新しい技術でも、1年後には古くなることができます。例えば、スマートフォンのアプリは次々と新しいものが開発されて、利用者のニーズを満たしています。エンジニアが研修を受けることで、業界の流れから取り残されないようになります。特に新しい技術を学ぶことができるのは、大きなメリットです。新しい技術を学べば、それを基にして新製品の開発ができるようになります。新製品の開発は容易なことではありませんし、リストを伴います。しかし、自分の知らないことを学ぶことで、スキルが向上して、新しいものを作りだそうという意欲が高まります。この仕事を続ける上で意欲を持ち続けることは大切です。単調になりがちな仕事なので、新しい刺激を外部で得るようにしなければなりません。

出会いを通して成長できるようになる

エンジニアが研修を受けると、いろいろな人達と出会うことができます。講師との出会いは、特に重要です。良い講師だったら、その人の良さを見抜いて、それを引き出そうとします。うまく引き出してもらえば、その人は技師として成長するでしょう。その成長は、この仕事をする上で大きなプラスになります。仲間との出会いもあります。研修にはいろいろな人達が来ています。自分よりもスキルが上の人と出会うこともあるでしょう。悔しい思いをしますが、その気持ちをばねにして勉強していけば、エンジニアとしてのスキルを向上させることができます。この仕事は、人に触れ合う機会が少ないので、その点はマイナスになることがあります。多くの人と接することでコミュニケーション能力が向上して、自分の仕事をやりやすくなります。