エンジニアの研修による効果はどうやって実感できるのか

エンジニアになりたいと思って会社に入っても、すぐにバリバリ仕事ができるわけではありません。経験が少なすぎるからです。豊富な経験を積んだ先輩たちには簡単にできることでも新人にはとても難しく感じられるのです。また、同じ会社でもいろいろな分野の仕事があります。オールマイティのエンジニアになることは難しいですから、特定の分野でのレベルアップを目指すことが現実的でしょう。その上で、自分が成長できたと感じられる瞬間があれば、それを自分の中で評価しましょう。自分は頑張っているのだと実感できることが効果なのかもしれません。もちろん、社会の技術は日々進歩しており、新しい仕組みに対応するために勉強を続けなければなりません。それぞれのステップで確実な成長を実感することが重要なのです。

エンジニアの研修内容とその効果

これから仕事をやっていく上で、どのような知識と技術を持っていればいいのでしょうか。研修による効果を計るためには自分が何かの仕事をやった時に感じるのです。ただ、すべての研修が仕事内容に直結しているとは限りません。若い時にはいろいろな知識を吸収しなければならないからです。また、効果はすぐに出てくる場合もありますが、仕事に対する考え方など見た目ではわからない部分の効果も含めて考えなければなりません。つまり、あなたへの周りの評価で判断しなければなりません。もちろん、自分でこれまで知らなかったことが理解できるようになったなどの直接的な効果も無視できません。ただ、5年後、10年後に受けてよかったと思う時が必ず来ます。その時まで仕事に集中してください。講師から説明されたことがすぐに理解できない場合でも心配する必要はないでしょう。

研修が終わってから自分で感じる効果

自分のエンジニアとしての技術レベルがどれくらいなのかを客観的に知ることは簡単ではありません。そのために業務の中で実践するのです。これまでできなかったこと、理解できなかったことがわかるようになれば、それが効果なのです。ただ、小さな一歩ですから自分でも気づかないことがあります。日々の積み重ねによって会社の中で自分の役割を見つけられるようになるでしょう。新入社員の時から一生懸命やっていれば、いずれは効果が見えていること考えてください。学校で習ったことがすぐ応用できるような仕事はほとんどありません。もしあったとしたら、その仕事はすぐに飽きてしまうでしょう。自分の成長と仕事への興味は少しずつ高くなるのです。いずれは自分が周りの人を引っ張っていく立場になることでしょう。