エンジニアの研修で抑えておきたいポイント

エンジニアが研修を行う場合は、技術的な壁や問題点を見付けることが目的ですが、新人には並行してサポートを行うことが大切です。指導監督する側には、一人前に育てる義務がありますから、方向性を明確にし、教育を始める必要があるといえます。研修は貴重ですし、機会はエンジニアの財産になるので、価値ある場を実現することが不可欠です。相手を良く知ること、次に何を求めてどう指導するか、これが教育のステップアップとなるでしょう。本人の能力を把握しないまま、一方的に教育を押し付けるのは間違いですから、置き去りにせず育てることがポイントです。指導を行う側も、最初は何も知らない新人だったはずなので、初心を思い出して新人と向き合う姿勢が求められます。また、方向性が不明確な指導は、教わる側に戸惑いを与えてしまいますから、何をどう教えたいのか明確にすることが重要と考えられます。

エンジニアを育てる研修の際の要点

上司や先輩には、新人を育てる責任に加え、長い目で見守る姿勢が問われます。即戦力を求めるのは理解出来ますが、急ぎ過ぎると可能性を潰すことになるので、焦らず植物を育てるように教育することが肝心です。最初に伝えておきたいのは、分からないことがあったら直ぐに調べたり周りの人に聞いて、理解するという重要性です。これが伝えられないと、何時まで経っても自立心が育たなかったり、即戦力として役立たなくなる恐れがあります。しかし、直面した問題に挑戦する意欲は大歓迎、このように上手く伝えられると、新人は安心して自信を持つことが出来ます。更に、将来どのような人材に育って欲しいかを伝え、それに向けて段階的に教育することが欠かせません。他にも、定期的に技術に関する問題を出題して、問題解決能力や技術力を測るのも有効です。

エンジニアの研修で気を付けたい注意点

新人と先輩の交流の機会は、新人を一方的に育てるというより、お互いが何かに気が付き成長するきっかけとなります。例えば、新人は先輩のサポートを受けて技術を磨けますし、先輩は指導する方法を実践で学ぶことになるでしょう。所が、先輩に指導するやる気がなければ、それは新人に伝わってしまいますから、お互いに目的を理解して交流を始めることが必要です。関係性が築けないと、新人は孤立してしまいますし、学ぶ機会を失って自信も損なわれてしまいます。特に、問題は新人ホヤホヤの段階で発生しやすいですから、自己紹介や技術交流で信頼関係を高め、何時でも話し合える間柄になることが基本です。人は最低限の自信が持てると、挑戦する意欲が生まれたり、技術を磨こうとする向上心が発生します。つまり、最初期に自信を持たせられなかったり、逆に損ねてしまうようなことがあると、新人は先輩が思うように育たなくなる可能性が高まります。まずは質問しやすい環境を作り、相手の能力を測ってから、次のステップに進める出題で自信を付けさせることが教育に役立ちます。