エンジニアの新人研修ではずせないポイント

これから社会人として頑張ってもらわなければならない新人エンジニアのために研修を計画している企業は少なくありません。ただ、そのポイントを外してしまうと、十分な効果を上げることができません。ここでは、これだけは押さえておきたいと思われることを紹介しましょう。もちろん、その理由も十分理化しておかなければならないでしょう。現代の若者と昔は違いますから、いろいろな教え方も変わってきているのです。また、一度説明しただけでは十分ではありません。何度も繰り返し教えることによって、新人が少しずつ成長していきます。その成長が明日の企業を支えることになっていきます。企業が発展するためには人を育てることが重要でしょう。多くの企業がその難問を乗り越えているのです。

エンジニアとして何が求められているか

自分がどのような仕事をするのかを理解している新人はそれほど多くありません。もちろん、漠然とはわかっているかもしれませんが、それを研修の中で再確認していきましょう。企業によってエンジニア求められる技術は違います。また、教えられたことだけをやればいいと思っている新人は少なくありません。最初のうちはそれでいいのですが、いずれは自分にも後輩ができます。その時にどのような指導ができるかを考えてもらわなければなりません。つまり、与えられた情報を自分なりに解釈して次の段階に進める技術力を持たなければならないのです。単に説明しただけではその資質を身に付けることは難しいでしょう。少しずつわかっていくのです。ただ、研修でそのことを明確に意識させることは重要です。

新人として知っておかなければならないこと

社会人としてのマナーや礼儀などは常識であり、研修で説明する必要もないと考えているかもしれません。しかし、再確認の意味でも説明することは重要です。エンジニアである前に社会人であり、自社の社員であると言うことです。人はそれぞれ個性がありますから、全員が同じような態度を取るとは限りません。中には相手に不快感を与えてしまう場合もあるでしょう。そして、そのことにさえ気づかいないでいるのです。どんなに技術レベルが高かったとしても、それを活かすところまで進むことができません。企業として迎えたからには、一人前になれるように指導しなければなりません。それが企業を作っていきます。現代の若者はこれからの少子高齢化の時代を生きていかなければなりません。現在の指導者よりも難しい時代ではないでしょうか。