エンジニアの新人研修の現実を理解しよう

これから会社でどんどん活躍してもらうためには一定レベルのエンジニアでなければなります。しかし、そのような人材が思ったように集まらないため、社内で研修をするのです。現在、主力として働いている人と最近の新人ではお内容な教育をすれば済むのでしょうか。世の中や技術が変改してるのですが、研修の意味も変わって当然です。それを理解することによって優秀な人材を育てることが可能となります。あなたの会社にとって必要な人材とはどのような人でしょうか。年齢や過去の経験だけで判断できることではありません。もちろん、必要以上に難しく考えなくてもいいのですが、社会人として一歩を踏み出したばかりの若者をどのようにリードするかは企業としてしっかり考えておかなければなりません。

エンジニアの研修の目的とは何か

新人を集めて。研修させるだけで済むのであれば何も悩む必要はありません。しかし、現実はそれほど甘くありません。時代や技術の変化により求められるものが変わってきました、それに対応するスキルが求められているのです。ソフトウェアのエンジニアを例にしましょう。C言語やLinuxを知っていることは当然です。ただ、その知識だけでは仕事にならないのです。その知識を使ってどうすれば目的を達成できるかを考える力です。講師や同僚との会話の中から、その糸口を見つけ出すスキルは知識の量とは関係ありません。インターネットが当たり前の時代では、知識は検索することで手に入れられるのです。目の前の問題に対してどのようなアプローチをすべきかを考えなければなりません。そのために試行錯誤をするスキルを身に付けさせなければなりません。

現代社会がエンジニアに求めているもの

技術の変化に伴い技術者に求められるものが変わってきました。単にソフトウェアの作り方を知っているとか、言語やOSを知っているだけでは意味がないのです。それらは適当な書籍やネットでの情報を集めれば済んでしまうからです。それではどのような資質が求められているのでしょうか。それは社会人として周りの人と強調しながら、一つのプロジェクトを達成することです。もちろん、自分だけでできるわけではありません。周りの人のレベルが高ければ自分もそれに合わせるために能動的に知識を得ることです。今はわからないとしても、勉強すればたいていのことはわかります。重要なのはそれを上司から指摘されるのではなく、自分から進んでやることです。自分に不足していることを客観的に自覚しているのです。